メインコンテンツに移動

第5話 資金計画の立て方

半ば勢いで独立を決意し、会社を退職したプログラマーのゆうこ。税理士・藁に開業にあたっての相談をし、手続きについて教えてもらう。そして開業届を提出し、いよいよ開業をしたのであった。

コンコン、と扉をノックする音と同時に、入るわよ~と母が声をかけて部屋に入ってきた。「洗濯物乾いたやつと、あと郵便が来てたわよ」と言うと母は、きれいにたたまれた洗濯物と郵便物をテーブルの上に置いた。まわりの友人たちは、一人暮らしで自分の家事は自分でしていたり、もう結婚している友人に関しては家族の分まで家事をしているというのに、全くもってありがたいことである。

「ありがとう」ゆうこはパソコンと向き合いながら礼を言う。ん~と何か考えこんでいる様子の娘に母は「何うなっているの?」と聞く。ゆうこは振り返り、母の方を向く。「資金の計画表を作っていたの。私、開業準備にはあまりお金がかからなかったからお金のことって漠然としか考えていなかったんだけど、これからのお金のことをちゃんと考えておかないとって思って」

ゆうこは自宅を事務所としており、プログラマーという仕事であることもあって、開業自体には費用があまりかからなかったのだ。しかし、これから仕事を始めてお金が入ってくるまでには少し時間がかかる。会社勤めの時のように毎月きちんと収入があるわけではない。

「お金の計画は大事よ~。お母さんも、子供3人育てるのに家計のやりくり大変だったんだから~」母は思い返すように話し始める。
「毎月かかるお金はもちろん、更新のお金とかその時々にかかるお金も把握しておかないとね」
お母さんも昔こんなことがあったわ~とか、3人も子供がいると出費が重なることも多くてね、などあれこれ話してくれるのだが、話の内容がだんだんとずれてくる。そして母は一度話し始めると長い。そろそろ続きをするから、と言ってゆうこは話を終わらせた。母は、まあ頑張りなさい、と言って部屋を出た。

 

開業すぐはまだ収入も不安定です。無計画では最悪の場合すぐに廃業になってしまうかもしれません。
そうならないためにも、しっかりとお金の計画が必要です。まず開業準備に必要な開業資金と開業後に必要な運転資金に分けて考えていきましょう。

 

1.開業準備のための資金計画

開業のための準備開始から営業開始までの開業資金を考えます。
開業するにあたって、いくら必要なのかを書き出しましょう。
書き出していくことで全体を把握していきます。

事務所や店舗を借りる場合は家賃、敷金、礼金、保証金、仲介手数料が必要です。店舗を改装する場合には内装や外装の工事費用が必要です。
パソコン、電話、机、椅子など什器備品の購入や開業を告知するための広告宣伝費、商品・材料の仕入等が必要になります。


2.開業当初の運転資金の把握

次に開業してから軌道に乗るまでの期間にいくらのお金がかかるのかということを把握することが必要です。
売上がなくても家賃や誰か雇用をしている場合は人件費、商品の仕入、水道光熱費などの経費は毎月支払わなければなりません。毎月営業していくために必要な資金のことを運転資金と言います。
まずは開業してから3ヶ月間の計画を立ててみましょう。一般的に運転資金は3ヶ月分あれば売上が急激に落ち込むなど何かあったときにも安心と言われています。また融資が認めてもらいやすいのも3ヶ月分と言われています。

実際どのくらい必要か想定するのは難しいときは、家計を参考におおよその金額を考えてみましょう。
想定した金額と実際にかかった費用を比べて、経費に対して意識していくことが大切です。

初期費用を抑えられたのはやはり大きいなぁ、と数字で見てより実感したゆうこ。
自宅を事務所にできた環境に感謝しつつ、会社を退職するときに表向きは花嫁修業で辞めるといった手前、家事も母に甘えてばかりでなく自分でもやらなくてはなぁと思ったのであった。
            

この記事を書いた人

税理士 藁信博(代表者プロフィール
藁総合会計事務所 代表
東京都品川区戸越2丁目5番3号
ウェルマン戸越3階
 免責

私たちについて

藁総合会計事務所では、多様化する企業経営の局面に対応すべく、それぞれの専門分野に精通した税務専門家により、最適かつ包括的な税務アドバイスを提供します。

お問い合わせ

住所 東京都品川区戸越2-5-3ウェルマン戸越3階
郵便番号 142-0051
電話番号 03-5749-4568 FAX番号 03-5749-4569
営業時間 月~金 9:00~18:00
e-mail info@warara.com